AGAの薬 プロペシアの最新の使用法

プロペシア処方

薄毛や脱毛の原因AGAは、毛根や毛乳頭、毛包といった発毛を促す器官への栄養分の供給が減少することとなっています。
頭皮付近の毛細血管の血流が滞ることで毛包に栄養が十分に行き渡らずに、毛包の機能が低下することで発毛する力が減少してしまいます。また、皮脂や老廃物が溜まることも栄養分の供給の妨げとなるため、これも原因の一つとなります。

こうした症状にはミノキシジルなどの育毛剤を直接頭皮に注入する方法が多く取られています。
この方法は効果的ですが、更に効果を上げる最新の方法では、プロペシアなどのフィナステリドを主成分とした薬剤をミノキシジルなどと併用することで、発毛を行う周期の乱れAGAを改善し、脱毛の原因を根幹から治療すると解説されています。

・AGAは遺伝子検査で改善できる http://www.agaspecial.com/

プロペシアは男性ホルモンが発毛を妨げる物質に変質するのを防ぐ効果があり、その効果は比較的ゆっくりと現れます。このため、プロペシアを服用する際は、長期間にわたりじっくりと治療を行う必要があります。

 

プロペシアの効果と正しい服用方法の解説

錠剤

プロペシアは男性ホルモンに直接効果のあるフィナステリドを主成分とした育毛剤で、プロペシアを服用することで、脱毛しやすく、発毛の機能が低下した毛包の発毛周期を正しくし、発毛する能力を回復させる効果があると解説されています。
こういった事から、プロペシアはその効果を実感できるまでに比較的長期間が必要となります。最低でも3ヶ月服用しないと、AGAの症状、男性ホルモンに効果が現れないため、新しい毛が生えてきません。

3ヶ月を過ぎる頃から、額の生え際や頭頂部の薄毛の部分に産毛が生え始めます。4ヶ月から半年と継続することで、生えてきた産毛が徐々に太くなっていき、1年ほどでしっかりとした丈夫な毛へと変化していきます。 しかし、この時点でも服用を止めてしまうと毛包やヘアサイクルがもとの脱毛しやすい状態に戻ってしまうため、発毛の状態が安定するまで数年間は継続して服用し続けることが正しい服用方法となります。
また、プロペシアと、頭皮に栄養を与える薬剤を併用することで、よりAGAの治療効力を高めることができます。

 

職業柄、専門クリニックを利用しAGA治療成功

診察

営業職や人前に出る職業の方は、特に身だしなみに意識をしている方が多いでしょう。しかし、薄毛はどうすることもできないと半ば諦めかけている方も多いかと思います。男性の薄毛の多くはAGAと呼ばれる、男性ホルモン型の脱毛症で、男性ホルモンが大きく関わります。また、加齢、ストレス、食事、生活習慣も大きく関与します。

特に職業柄、相手に良い印象を与えたい、清潔感のあるヘアスタイルにしたいと思う方は、専門クリニックでの治療を推奨します。AGA治療は、市販、通販でもお薬は販売されていますが、本当にご自分に必要な成分が入っているのかわからないのが実態です。ご自分に不足している成分を補うことがで、より確実に発毛に導くことができます。
また、適切な治療をしなければ、より頭皮にストレスを、与えてしまい逆効果を生じることがあります。

そのため、AGA治療の専門クリニックで質の高い、ご自分に合った治療を受け、生活面でのアドバイスや自宅でのケア方法を学び、AGA予防、発毛促進に繋げることが大切です。

 

プロペシアの効果と正しい服用方法の解説

プロペシアは男性ホルモンに直接効果のあるフィナステリドを主成分とした育毛剤で、プロペシアを服用することで、脱毛しやすく、発毛の機能が低下した毛包の発毛周期を正しくし、発毛する能力を回復させる効果があると解説されています。
こういった事から、プロペシアはその効果を実感できるまでに比較的長期間が必要となります。最低でも3ヶ月服用しないと、AGAの症状、男性ホルモンに効果が現れないため、新しい毛が生えてきません。

3ヶ月を過ぎる頃から、額の生え際や頭頂部の薄毛の部分に産毛が生え始めます。4ヶ月から半年と継続することで、生えてきた産毛が徐々に太くなっていき、1年ほどでしっかりとした丈夫な毛へと変化していきます。 しかし、この時点でも服用を止めてしまうと毛包やヘアサイクルがもとの脱毛しやすい状態に戻ってしまうため、発毛の状態が安定するまで数年間は継続して服用し続けることが正しい服用方法となります。
また、プロペシアと、頭皮に栄養を与える薬剤を併用することで、よりAGAの治療効力を高めることができます。