プロペシアとジェネリック品の料金の差と効果の解説

プロペシアは男性型脱毛症に効果の高いものとして知られています。プロペシアにはフィナステリドという男性ホルモンを変質させ、脱毛の原因となるジヒドロテストステロンを生成する5αリダクターゼの働きを抑制する物質を主成分として使用されており、その効果によって、脱毛や薄毛を引き起こすヘアサイクルの乱れを正常化すると解説されています。
このフィナステリドを利用した薬品はプロペシア以外にも数種類存在しますが、国内での販売が認可されていないため、個人輸入などでしか入手することができない問題があります。
プロペシアに比べて料金が安いのも特徴ですが、発がん性の危険があるキノリンイエローを配合しているものもあるため、安全面においては信頼性の低いものとなっています。
プロペシアは国内で認可されているため安全に入手することができます。購入の際には医師による処方箋が必要となりますので、病院などで診察を受け、症状を把握してからの使用が適しています。