プロペシア入門:その効果の簡単な解説

AGA、男性型脱毛症は病院で治療ができます。使用される薬がプロペシアとミノキシジルの2つです。そこで、これからAGAの治療を考えている方への入門編として、プロペシアの効果について簡単に解説をします。まずはAGAについて簡単に解説します。
AGAとは、DHTが毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体と結合すると発生するサイトカインという脱毛タンパクが原因です。サイトカインが成長期の毛に退行期や休止期へ移行するように指示を出します。すると、髪のヘアサイクルが狂い、細くて弱い毛が増えたり、毛が太く強くなる前に抜けてしまったりし、薄毛が一気に進行するのです。
プロペシアの主成分フィナステリドは、このサイトカインを作るDHTの生成に欠かせない5α還元酵素を阻害する効果があります。つまり、DHTを抑制することで、脱毛タンパクも抑制し抜け毛を防ぎ、ヘアサイクルを正常に戻すのです。
プロペシアは基本的に医師による処方薬となっています。AGAの症状でお悩みなら、専門医の受診がおすすめです。